コントレイブ

話題の「コントレイブ」

コントレイブの個人輸入ができるようになりました

 

話題の最新肥満治療薬「コントレイブ」の個人輸入が解禁になりました!

 

これまで、肥満治療薬などをいろいろと試していく中でコントレイブの噂を聞いていた人には待ち遠しかった販売開始ですね。

 

(注文が殺到し、すでに受注受付中になっています)

 

これまで、脂肪吸収阻害系や、満腹中枢作用系などのダイエット薬を試してみたけどなかなか続けられなかったので、コントレイブには期待しています。

 

コントレイブは「食欲抑制系」と言われていますね。

 

安全で、長期の服用が可能でなければ、ダイエット薬は続きませんからね・・・。

 

短期間で大きく体重を減らすことができる薬というのもありますが、やはり体への影響はかなり大きかったです。

 

今後、日本でも認可されて保険適用ができるようになれば、多くの人が服用し肥満に悩む人の役に立つようになるかもしれませんね。

 

 

待望の肥満治療薬「コントレイブ」についてはこちら>>

コントレイブってどんな治療薬?

「コントレイブ」とは、アメリカのFDAが認可した最新の肥満治療薬です。

 

私は知りませんでしたが、ダイエットサプリに詳しい人の間では、「コントレイブが買えるようになるのはいつか?」ということで、話題になっていたそうです。
開発したのは「Takeda Pharmaceuticals America, Inc.」で、承認が下りるまで4年かかってようやく販売ができるようになったという肥満治療薬なんですね。

 

どうやって肥満を治療するのか?

コントレイブが肥満を治療するしくみは「食物摂取と代謝のバランスに作用し、食欲をコントロールする」というもの。
ダイエット治療には、油の吸収を抑えるもの(ゼニカルなど)が有名ですが、これは主に、食欲をコントロールして過食を抑えるんですね。

 

 

値段はどれくらいするのか?

コントレイブの価格はかなり高価です|д゚)
現在は、1本120錠入りで36000円から40000円くらいです。
服用量から計算してみると、120錠で、6週間ほどになります。
ですので、つづけるとしても高価なダイエット薬であることは間違いなさそうです・・・。

 

副作用は?

ダイエット治療薬(に限らずあらゆる薬にですが)副作用はつきものですが、個人輸入するときに最も気になるのは副作用です。
自己責任で服用することになるので、ここは大切です。
おもな副作用としては、吐き気、嘔吐、便秘、頭痛などが記されています。

 

本当に痩せるの??

コントレイブの実際の効果はどうなのか?
コントレイブは、臨床実験の成果からみても、「すぐに大きな体重減がある」という薬ではないということは言えそうです。
「夢のダイエット薬」というわけではなさそうです。
ただ、FDAが4年あまりの時間をかけたのち承認したということで、安全で効果のある肥満治療薬であるということは言えそうです。